• 研究戦略センター
  • 人と防災未来センター
  • こころのケアセンター

HATコラム

「地」域創造のすすめ―真のソーシャル・イノベーションとは―

副理事長兼研究調査本部長 室﨑 益輝

人と防災未来センター上級研究員 小林 潔司

1953年生まれ
京都大学大学院工学研究科土木工学専攻修士課程修了。工学博士
京都大学経営管理大学院経営研究センター長・教授
京都大学大学院工学研究科都市社会工学専攻教授
(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構 阪神・淡路大震災記念
人と防災未来センター上級研究員

東日本大震災を契機に、人々は防波堤や防潮堤などの社 会基盤施設のみでは、大規模地震の発生による被害を完全に抑止することが困難であることを知った。千年に一度発 生するかどうかという大規模災害に対しては、被害の発生を抑止するという防災の思想だけでは限界があり、ハードとソフトを組み合わせ、被害の発生・増大を可能な限り抑制 しようとする減災の思想に立脚せざるを得ない。減災は、防 災というシステムの外側に、更に減災システムを新たに構築する多重防御の発想に基づいている。「防災と減災の守備 範囲をどのように設定するのか」「守るべきものの間の優先 順位をどのように設定するのか」など、これまでほとんど議論してこなかった課題が山積している。防災と減災の守備範囲は、明確に区別されるものでもなく、両者が相互に関連しあって、システム全体としてガバナンスが機能するような複合的システムとして理解することが適切である。
リスクマネジメントは、あらかじめ想定外力や被災シナ リオを作成し、その範囲の中で最適な解を見出す技術である。リスクをめぐる議論は「どこまで安全なら十分安全といえるのか」という「許容リスク」の設定問題に帰着される。東日本大震災の経験により、リスク想定が誤っていれば、甚大な被害が発生することが明らかになった。リスクマネジメントの考え方自身が、見直しを迫られている。

大規模災害に対しては、リスクマネジメント自体を多重化することが必要である。通常の災害リスクマネジメントの備えをした上で、さらに「最も起きてほしくないこと」を想定してみる。それに対して、国や行政、企業や組織、家計が自分のリスクマネジメント能力の限界を知り、そのようなシナリオに対して、どう対応するかを考える。このような方法は簡便であるが、通常の災害リスクマネジメントがもたらす「想定の失敗」を回避するための有力な方法である。  

東日本大震災はさまざまな壁を作った。被災地の外側にいる人間には、被災地で何が起こっているかがわからない。被災地の人間は、被災地の外側にいる人間が、自分たちの被災状況をどの程度知っており、どのような救援活動が開始されたかがわからない。被災地と非被災地の間に、情報の壁がある。ニューオーリンズ水害やハイチ地震のように、情報の壁が人々の不安を駆り立て、犯罪や暴動が発生した という事例は少なくない。危機的な状況のなかにおいて、いかにコミュニケーションを復活させるのかが問われる。被災地の人々は、さまざまなメッセージを発信し、「外側にいる人々が助けに来てくれる」ことを信じた。さらに、外側の人々は、「内側にいる人々が助けを待っている」ことを信じ た。内側の人々と外側の人々は、直接のコミュニケーショ ンは遮断されていたにもかかわらず、信頼関係を通じたコミュニケーションが成立していた。  

復旧・復興活動では、現場の多様なニーズに応える必要がある。行政、ボランタリー組織、民間企業等のパートナーシップが期待されている。民間部門やボランティア組織は、迅速な意思決定が可能であり、行政にない経験や知識・技術 を活用することができる。行政は、特定の個人やコミュニティを「えこひいき」できないが、ボランタリー組織は、特定の個人やコミュニティを対象としたサービスを提供することが可能である。被災者の身近にいる個人や組織の方がき め細かい情報を持っている。しかし、ボランタリー組織が、 問題をすべて解決できるわけではない。行政は、ボランタリー組織の活動状況を包括的に評価し、必要とあればボランタリー組織の支援や組織間のコーディネーションを行うことが必要となる。
災害時における日本人の行儀の良さや秩序の良さに対する海外メディアの賞賛に対して、多少の面映ゆさを感じつつも、誇りに思った日本人は少なくない。東日本大震災という不条理に直面し、悲嘆のなかでも自分の不幸をしっかりと抱きしめ、無気力や暴力とは無縁に折り目正しく、なすべきことを着実にこなし、復興に向かって一歩ずつ歩を進める。人々の強さとしなやかさ、人と人とのつながりを大事にし、知恵や知識に支えられて、たくましく着実に生きていく。それは、伝統的な日本社会のありようであり、リスク時代におけるひとつの豊穣な社会像を世界に示すことでもある。禅語 『續燈録(ぞくとうろく)』は「松柏千年の青、時の人の意に入らず。牡丹一日の紅、満城の公子酔う」と説く。牡丹の一時の艶やかな花に、満都の貴公子達は酔いしれる。松柏の青が人の目を引くことは少ない。寒風吹きすさぶ候となれば、今まで目立たなかった松柏の不易の美しさがあらためて見直される。東日本大震災の被災地の一日も早い復興が希求される なか、時を経ても変わらない信頼のネットワークを支えとする力強い復興の鼓動が聞こえることを信じてやまない。