• 研究戦略センター
  • 人と防災未来センター
  • こころのケアセンター

沿革

機構概要に戻る


 

(財)21世紀ひようご創造協会

(財)兵庫県ヒューマンケア研究機構

1972.11

(財)21世紀ひようご創造協会設立
理事長 砂野仁就任

 
1979.07

理事長 石野信一就任

 
1983.04

研究調査部設置

 
1984.04

家庭問題研究所設立

 
1989.04

架橋記念事業準備室及び
国際プロジェクト担当を設置

 
1989.10  

(財)兵庫県長寿社会研究機構設立
機構内に長寿社会研究所を設置

1991.04

架橋関連事業局及び祭典企画部を設置

 
1992.03

家庭問題研究所を(財)兵庫県長寿社会
研究機構へ移管 
祭典企画部を廃止

 
1992.04

研究調査部を地域政策研究所に改組し、地域情報センターを設置

(財)21世紀ひようご創造協会から家庭問題研究所を機構内に編入

1993.03

架橋関連事業局を廃し、明石海峡大橋完成記念事業、日仏友好のモニュメント事業を(財) 夢の架け橋記念事業協会へ移管

 

1995.09

震災復興事業調査担当を設置

 

1996.02

理事長 計盛哲夫就任

 

1998.07

(財)社会システム研究所との統合

 

1999.04

21世紀記念事業企画推進担当を設置

 

2000.04

 

こころのケアセンターの機能の一部を継承したこころのケア研究所を機構内に設置

2001.04

理事長 宮崎秀紀就任

(財)兵庫県長寿社会研究機構を発展的に改組した(財)兵庫県ヒューマンケア研究機構を設立 
機構内にまちづくり研究所準備室を設置

2002.04

 

まちづくり研究所準備室を廃止 
(まちづくりに関する研究は(財)21世紀ひようご創造協会で実施)

2003.03

 

(財)21世紀ひようご創造協会との統合により解散

2003.04

(財)21世紀ひようご創造協会と(財)兵庫県ヒューマンケア研究機構の統合※1

2004.04

兵庫県こころのケアセンターの管理運営を受託

2006.04

(財)21世紀ヒューマンケア研究機構と(財)阪神・淡路大震災記念協会の統合※2

2006.04

理事長 貝原俊民就任

2010.04

公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構への移行

2012.04

理事長 五百旗頭 真 就任

※1
(財)21世紀ひようご創造協会と(財)兵庫県ヒューマンケア研究機構の統合 新しい地域社会づくりに関する研究を行ってきた21世紀ひようご創造協会と、長寿社会問題、家庭問題、こころのケア問題に関する研究を行ってきた兵庫県ヒューマンケア研究機構を統合することにより、総合的なシンクタンクとして、命の尊厳と生きる歓びを高めるヒューマンケアの研究を進め、21世紀の成熟社会における諸課題についての政策提言機能等の充実を図るとともに、効果的、効率的な団体運営を行う。

※2
(財)21世紀ヒューマンケア研究機構と(財)阪神・淡路大震災記念協会の統合 これまで創造的復興や新たな地域作りに先導的な役割を果たしてきた2つのシンクタンク「(財)阪神・淡路大震災記念協会」と「(財)21世紀ヒューマンケア研究機構」を統合し、幅広い研究領域への的確な対応を図るとともに、震災の経験と教訓を継承・発信する諸事業を展開する。


(注)研究体制の変遷
平成18年4月以降平成20年3月までは、安全安心社会研究所、地域政策研究所、長寿社会政策研究所及び少子・家庭政策研究所の4研究所において調査研究に取り組んできたが、平成20年4月には4研究所を二つの研究群に再編し、平成22年4月には二つの研究群を一本化した。