研究成果

reaserch result

研究成果

少子高齢化社会の制度設計~年齢で区別しない社会並びに子供を生み育てやすい社会の実現に向けて~

概要

少子高齢化社会では、健康で働く意思のある限り高齢者にも仕事があり、子供を生み育てやすい社会環境を実現することが重要である。本研究では、高齢者の就業と貯蓄行動、少子化対策と出生率の変化、介護意識の変化、そして経済の持続的成長軌道に向けた検討を行うとともに、子育て支援等に関する兵庫県下の企業等のベストプラクティスを調査し、これらの検討から得た知見を踏まえ、実現可能な制度設計を試みた。

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2018年

地域コミュニティの防災力向上~インクルーシブな地域防災へ~

概要

南海トラフ巨大地震等に備え、実効性のある地域コミュニティの防災力向上は喫緊の課題である。本研究会は、地域コミュニティ力の低下が危惧されるおり、地域の個性や地域住民、行き交う人々(交流人口等)の多様性に配慮したインクルーシブな地域防災とはいかにあるべきか、学知と実践知の両面から社会実装に向けた政策提言を行った。

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2018年

東日本大震災復興の総合的検証~次なる大災害に備える~(中間報告書)

概要

東日本大震災の「集中復興期間」である5年間の復興プロセスを、阪神・淡路大震災における復興検証の実績を参考にしつつ総合的に検証し、被災地の復興上の課題やその解決方策を明らかにする。それによって、東日本大震災被災地の円滑な復興はもとより、来るべき大災害から国家や地域社会を衰退に陥らせないための創造的復興の実現に向け政策提言を行う。

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2017年

女性が活躍する社会づくりのための環境整備のあり方について

概要

「男女がともに、いつでも、どこでも、いきいきと生活できる社会」の実現を図るためには、女性の活躍の一層の推進が不可欠であるが、兵庫県の女性の就業率は全国と比較すると低い。このため、就業における女性活躍や能力発揮のための環境整備や方策につなげるべく、県内の女性の就業を取り巻く環境、意識等について調査・分析し、課題等を明らかにする。

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2017年

持続可能なコミュニティの形成に向けた地域資源の活用方策

概要

少子・高齢化と人口減少の進展に伴い、拡大する人口流出は地域資金の域外流出や、資産(住宅、農地、山林)の維持活用の困難さを生じさせている。このため、地域資金を地域の生業づくりに循環させる“お金の地産地消”を図るとともに、管理不十分な住宅・農地・山林等を地域共通の資産としてコミュニティが主体となって維持管理・有効活用する仕組みについて検討を行う。

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2017年

少子高齢化社会の制度設計~年齢で人生を区別しない社会並びに子供を産み育てやすい社会の実現に向けて~(中間報告書)

概要

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2017年

地域コミュニティの防災力向上~インクルーシブな地域防災~(中間報告書)

概要

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2017年

南海トラフ地震に対する復興グランドデザインと事前復興計画のあり方

概要

発生すれば国家の衰退も危惧される南海トラフ地震に対応するため、被災地域における復興目標とその道筋を盛り込んだ復興グランドデザイン及びその実現のための具体的な取り組みや手順等を明示した事前復興計画のあり方について提言を行う。

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2017年

東日本大震災復興における教育分野の現状と課題についての研究

概要

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2017年

ネット社会において地域全体で青少年を守りそだてる環境整備のあり方(中間報告書)

概要

研究所名

研究戦略センター研究調査部

年度

2017年

女性が活躍する社会づくりのための環境整備のあり方について(中間報告)

概要

「男女がともに、いつでも、どこでも、いきいきと生活できる社会」の実現を図るためには、女性の活躍の一層の推進が不可欠であるが、兵庫県の女性の就業率は全国と比較すると低い。このため、就業における女性活躍や能力発揮のための環境整備や方策につなげるべく、県内の女性の就業を取り巻く環境、意識等について調査・分析し、課題等を明らかにする。

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2016年

南海トラフ地震に対する復興のグランドデザインと事前復興のあり方(中間報告)

概要

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2016年

持続可能なコミュニティの形成に向けた地域資源の活用方策の検討~多世代と共創する多自然地域の豊かな暮らし実現の仕組みづくり~(中間報告)

概要

少子・高齢化と人口減少の進展に伴い、拡大する人口流出は地域資金の域外流出や、資産(住宅、農地、山林)の維持活用の困難さを生じさせている。このため、地域資金を地域の生業づくりに循環させる“お金の地産地消”を図るとともに、管理不十分な住宅・農地・山林等を地域共通の資産としてコミュニティが主体となって維持管理・有効活用する仕組みについて検討を行う。

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2016年

人口減少、少子・高齢化社会社会におけるライフスタイルと社会保障のあり方について

概要

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2016年

人口減少・少子・高齢化社会におけるライフスタイルと社会保障のあり方~地域におけるクオリティ・オブ・ライフの実現に向けて~(研究調査中間報告書)

概要

アジア諸国を含め広く諸外国との比較を通して、人口減少、少子・高齢化社会におけるライフスタイルを展望し、それに対応したクオリティ・オブ・ライフの実現方策について、社会保障のあり方を中心に検討を行った。

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2015年

大震災復興過程の比較研究~関東、阪神・淡路、東日本の三大震災を中心に~

概要

関東大震災、阪神・淡路大震災、東日本大震災の3つの震災について、①災害における政治過程と政治的リーダーシップ、②復旧・復興を巡る政府の危機管理、③震災をめぐる社会的認識の視角から、震災からの復旧・復興体制のあり方について政策提言を行った。

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2015年

若者にとって魅力ある多自然地域拠点都市の形成方策に関する研究

概要

大都市圏と多自然地域の中間に位置し、一定の都市機能の集積を有する都市を「多自然地域拠点都市」と位置付け、それらの都市の魅力の顕在化と活性化を図るための方策を探り、若い世代が集まってくる地方都市づくりについて政策提言を行った。

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2015年

人口減少下の多自然地域の魅力づくりの研究―シニア世代を活用した新たなビジネスの展開―

概要

人口減少や高齢化、農林水産業の衰退が進む一方、豊かな資源を持つ多自然地域を対象に、生きがい仕事の枠組みを超える自律的な地域社会と経済の維持を目指すビジネス構築に向けた政策提言を行った

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2015年

災害時における広域連携支援の考察

概要

大規模災害時において有効に機能しうる自治体間連携のあり方を明らかにするため、東日本大震災における関西広域連合が行ったカウンターパート方式と他の支援体制との比較分析等を通じて、わが国の防災行政組織のあり方について政策提言を行った。

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2015年

災害時の生活復興に関する研究-生活復興のための12講

概要

繰り返される災害からの教訓を踏まえた生活復興を推進していくためには、共通する課題や取り組むべき事項を抽出し、減災のサイクルの中に位置づけることが求められる。このため、平成25年度に実施した「東日本大震災生活復興プロジェクト」(復興庁受託事業)のフォローアップを行い、大規模災害発生時の生活復興のあるべき姿や復興課題解決に向けて共通する要素・プロセスを明らかにし、行政、住民、支援者等各セクターが事前に備えるべき事項について検討し、政策提言を行った。

研究所名

ひょうご震災記念21世紀研究機構 研究調査本部

年度

2014年

これまでの研究成果報告書の検索はこちら